どこの国が一番…?

「いろんな国を回って、どこが一番良かった?」とよく聞かれます。
一番良かったのは、シンガポールです。たった3日間しかいなかったので、シンガポール通の人に言わせたら、「シンガポールの何を知っとるんじゃい!」と怒られそうですけど…。
私の中で、公共交通機関の充実度というのがとても重要な位置にあり、一番、分かりやすくて乗りやすかったのがシンガポールの地下鉄。表示が分かりやすくて、どちらの方向に向かうのかがすごく分かりやすかったです。自動券売機もおつりがきちんと出てくる安心できるものでした(日本にいると、自動販売機の類はきちんと出てくるもの、おつりが出てくるものと思いがちですが、それは大間違いです!他の国だと出てきたらラッキーくらいな感じです。イギリスやドイツでさえ!)街もきれいで道が分かりやすい。
お店やバックパッカーホステル、タクシーでくらいしか会話は交わさなかったけれど、接客も丁寧すぎず、いい加減過ぎず、程好くて良かったです。キッチリし過ぎてない東京みたいな感じ。「パーフェクトだ!」と思いました。
でもシンガポールに知り合いがいるワケでもないし、なんせ3日間しかいないので深い思い入れもなく、「一番の国は?」と聞かれても一番最初に「シンガポール!」とはなかなか口に出てこないです。

ではどこが一番好きかと言うと、”ドイツ”です!
ニューヨークのしょーもない留学斡旋のエージェントに紹介(ダマ)されて住んでしまったしょーもない町のしょーもない大家のしょーもないアパートから逃げるように向かったドイツは、全てがマトモに見えました。
街並みのきれいさ、物価の適切さ、食べ物の質の良さ、道を歩くだけで感じる歴史の深さ、街にはためく国旗の少なさ、ベルリンのど真ん中にユダヤ人を追悼するまるで墓地のようなモニュメントを常設してしまっているドMさ、「むかーしむかし、この国の中には壁があったとさ…」と考えるだけで、それってどういうことよ!?とときめかせてくれる奥深さ、そんなに親切そうな顔はしていないのに意外とみんな親切というギャップ…。ジワジワーっといい国です。オランダもいいけど、やっぱりジワジワ感はドイツです。

そして、一番ではないけれど、特別なのがフィリピンとニューヨーク。

フィリピンはいろんな都市を転々とだけれども、トータルで一番長くいた国なので、思い入れがあります。行く前までは相当な未開の地なのだろうと思っていて、実際行ってみたら、意外と居心地のいい場所だったという…。

全然、未開じゃないじゃんと思いました。だいぶいろんな国の資本が入っていて、学校があるライフルを持った屈強そうな警備員が門番で立っている高級住宅地区から巨大ショッピングモールまで乗合バス(ジープニー)やらタクシーやらに乗ってしまえば、日本とそれほど変わらないです。特にミンダナオ島のダバオ市。治安もいいし、海もきれい、フルーツもおいしい。空気があまりきれいじゃないけど…。

そして最後にニューヨーク。大嫌いだったニューヨーク。

上りなのか下りなのかさえ分からなくなる地下鉄、街中にあるみんな何でも捨てちゃうゴミ箱からの異臭、激寒か激暑かの二択のエアコン、どの街を歩いてもコインランドリー・日用品店・安っぽい持ち帰りの中華料理店の連続、アホみたいに大量にもしくは巨大にはためく星条旗…。

発展途上国なら許せたに違いない、「発展途上中なのだもの…がんばれ!」と思えた…けど、「ここって世界のみんなが憧れるニューヨーク様でしょうが!」、「もっと頑張りなさいよ!」、「マジか!?もっとグレードアップできんのか!?」、「もっと改善していく努力をせんのか、君たちは!!」と、ニューヨーク滞在中は一人お客様相談室のように日々、考えていました。
何より、エージェントのなすがまま、言われるがままに住んでしまったあの町、あのアパート…。
到着した夜にバスルームの天井が抜け落ちたあのアパート。

廊下を塞ぐ巨顔の張り子(大家曰く芸術作品)。

f:id:May_Kasahara:20160819010829j:image

毎朝スピーカーで鳴り響くお経(大家はイタリア人なのに某仏教徒)。

これまた廊下に立て掛けられた割れたガラス、鏡。

f:id:May_Kasahara:20160819010846j:image

アートとは言わせたくない鬱蒼とした廊下の木々。

f:id:May_Kasahara:20160819010902j:image

3日は溜め洗いの料理好きの大家の鍋・食器。

f:id:May_Kasahara:20160819010931j:image

毎日ゴキブリを3,4匹、足で掃き流してから入るシャワールーム。

私のいない時間に明らかに私の部屋に入っている大家(線香だか、お香だかを焚いている)。

f:id:May_Kasahara:20160819010954j:image

フィリピンではなく、ニューヨークで初めて飲んだ正露丸。

1週間、起き上がれないほどの風邪を引いたのもあのアパート。

だけれども、ドイツからもう一度ニューヨークに戻ってきて、バックパッカーホステルに引っ越して、次の街は平和で、見るモノも全てが意外に良く思えて、その頃にはニューヨークにお友達もできて、なんとなく勘で地下鉄も上りか下りか分かるようになって、あまり考えなくてもぷらっと散歩できるようになって…。

なんやかんや文句ばっかり言っていたのに、また一番行きたいのは実はニューヨークだったりするのです(汗)でも行くだけですよ!住まないですから!ニューヨークには住めない。いろんな意味で。住んでるお友達リスペクトです。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

世界旅行 最後の都市・アムステルダムにて
治療院開業に関するご質問を頂きました(Yさん)。お返事も兼ねて…
ホリちゃんに会いにブリスベンに行ってきました!第二弾!!ブリスベン、すごく居心地よかったです◎
そうだ! ホリちゃんに会いにブリスベンに行こう!! 第一弾!!!
英語学校のジェラルドクラスのクラスメイトとお別れ会
ありがとうフィリピン。初めましてのNY!セブから33時間もかかってニューヨーク。
NY again..大家が敷金を返してくれないから、ちゃんと戻ってきたわよNY!!
オーストラリア初上陸。ただ今、ゴールドコーストをリサーチ中!!
カランビン・ワイルドライフ・サンクチュアリ(カランビン動物公園)へ
孤独と寒さと戦う日曜19時のNY。
美しき青き街、オランダ・デルフトにて。
NYの英語学校の友達との放課後、その1
フィリピン留学 IELTSクラスのLyn先生をあやしい英語で東京案内。その1
ドイツ周遊・ケルンの続き。
ネグロス島、旅の続き。

Menu

HOME

TOP

UA-108369132-1
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。