2016年4月29日サーティフィケート4 マッサージセラピーコース卒業

オーストラリアの一番基本のマッサージコースの授業を全部受け終わりました。

英語での授業、写経のような宿題の毎日で挫けそうでしたが優しく、楽しく、個性的なクラスメイトに恵まれ、助けられ、なんとか卒業。

Finally, we finished all lessons in our massage couse. I love all my classmates!!

学級委員長のマークとエイミー。この二人は本当に優秀だったで賞です。

 

ほんとに個性強かったね、みんな…。

 

 

すごく仲良くしてくれた中国人のユンユンと、ニュージーランド人のラーラ。

ユンユンは、Student Clinicに予約をして何度も受けに来てくれました(→自分の施術は東洋人向きなんだなと薄っすらと感じました)。帰りの時間が合うとカッコいいマイカーでシェアハウスまで送ってくれたり、最後の方には「世話になったのぉ」と中華街でご馳走してくれたり…。お金持ちの中国人って…ステキ(→極論)。

ラーラの英語は最初は早すぎて全然分からなくて、ラーラも日本人の英語が分からなくて、最初は二人でチンプンカンプンだったのですが、卒業近くにはなんとか意思疎通ができるようになりました(テレパシー含む)。

 

 

授業中、先生に何でもよく質問するテイラー。

「分からなかったら何でも聞こう!聞くのは恥ずかしくない」と彼女から学びました。

成績優秀。見た目は普通の若い子でしたが、いざという時にこの子はいい子だ!と思う瞬間がたびたびありました。

 

 

東洋医学にとても興味を抱いているレイチェル。イギリス人。

私の期はなぜか、指圧のクラスの担当が推拿の先生だったという残念な事件がありましたが、レイチェルと出会えて、東洋医学に興味を持つレイチェルに出会えたことは幸せなことでした。

 

 

コース柄なのか、このクラスがたまたまだったのか、穏やかな人が多いクラスでした。

 

 

マディ18才!若い。やっぱりいい子。マディのママは私と同い年!とのことでした。

そうね、これくらいの年の子がいても、私、おかしくないのね。

 

 

オーストラリア長期滞在組のヤマトナデシコ二人。

コースが少し違うようで、途中から同じ期に合流。この二人はオーストラリアに当分、いる予定。

永住権が取れると良いですね。

 

 

最後に、マッサージ授業の実習教室。

 

 

MSQ事務局留学生サポートのKoichiさんにもだいぶお世話になりました。

この方のサポートのおかげで、オーストラリアに関しては留学エージェントも通さずに留学をすることができました。

素晴らしい! すごく働き者! 偉い!

Koichiさん、ありがとうございました。